最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える

「最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える」

24年10月よりアニメ化するようです!

話術士ってのが面白そうだなぁと思って1巻出た時から読んでます!

ざっくり見た感じ、
・コミックは原作小説(既刊4巻)の2巻の内容
のようです。

この記事を書いた人
こんにちは。まことです。

◆1.好きなことを増やして欲しい

◆2.自分の能力を向上させて欲しい

この2軸でC.M.I.の活動を行っております。

自分が楽しい!と思えるものを、楽しみながら「学び」や「気付き」を得られるように紹介して行きます。その中には、サービスや商品の紹介を含めたプロモーションも含みます。


作品情報

最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える

◆あらすじ
不滅の悪鬼(オーバーデス)と呼ばれた英雄を祖父に持つ少年ノエル。
祖父に憧れ、最強の探索者(シーカー)を志す彼の持つ職能ジョブは最弱と評される支援職【話術士】だった。

それでも、祖父の遺志を継ぎ最強のシーカーを諦めない。
最強とは何なのか?

彼が導き出した答えは
最強の組織(クラン)のリーダーになること!


▼ebookで試し読み


◆原作小説
既刊4巻(2020年~) ※2024年5月現在

◆コミック
既刊9巻(2020年~) ※2024年5月現在



この作品の好きな所

「凶」ってタイトルにも入ってる通り、なかなかダークな世界観です!

目標達成のためには何でもしますね。すごい。
私の価値観からすると、善か悪で判断するなら善です。

1巻の最後とか容赦ないこともするんですが、
される側にも問題があるよね。
要は責任取らせただけなんで。
って所感なんですよねー

そんな主人公が最強のクランを創って行くのが面白いです!